ブログ:ECO日記

麻薬探知犬特別講義

福岡ECOでは、2020年10月2日(金)、希望者約110名の学生を対象に、
門司税関の職員の方々にお越しいただき、税関の業務内容や麻薬探知犬のトレーニング方法についてご説明をいただくとともに、実際に現場で活躍している麻薬探知犬2頭によるデモンストレーションを実施していただきました

麻薬探知犬のデモンストレーション

麻薬探知犬のデモンストレーション税関のお仕事の中の1つに、
『外国から日本に輸入するさまざまな荷物の中に、危険なものが入っていないかチェックする』という、重要な業務があります。

その際に活躍するのが『麻薬探知犬』

犬の嗅覚は刺激臭だと、人間のおよそ1億倍あると言われています

そんな優れた嗅覚を持っている犬に、薬物のにおいを嗅ぎ分けてもらう、
それが『麻薬探知犬』の重要なお仕事です

門司税関の方による特別講義の様子

門司税関の方による特別講義の様子現在、全国に130頭ほどいるという『麻薬探知犬』

犬にとってはお仕事ではなく、ハンドラーと楽しく遊べる『遊び』

においのついた箱を嗅ぎ分けると、『おすわり』をするよう訓練されています。

 

においのついた箱を見つけて、おすわりをする麻薬探知犬

 

デモンストレーションでも見事、においのついた箱の前でおすわりをして当ててみせました

 

学生が持っているポーチのにおいを嗅ぐ麻薬探知犬

 

今度は、学生が手に持っているポーチの中からにおいを嗅ぎ分けるデモンストレーション

 

ハンドラーに見つけたよ!と合図を送る麻薬探知犬

 

こちらも見事、においのついたポーチを見つけることができました

見つけた後は、ハンドラーと思いっきり遊びます

 

ハンドラーと楽しく遊ぶ麻薬探知犬

 

ハンドラーと麻薬探知犬の『信頼関係』が強く結ばれているのを感じることができました

麻薬探知犬のブロマイド写真♪

 

講義の最後には、麻薬探知犬のブロマイド写真(6種類ありました)をいただきました

 

デモンストレーションをしてくれた職員の方と麻薬探知犬

デモンストレーションしてくれた職員の方と麻薬探知犬

 

福岡ECOは、在学中にこのような特別講義などを通して、2年間・3年間でたくさんの知識・技術が身につけられる学校です

最後に、大変お忙しい中、福岡ECOの学生たちのために、麻薬探知犬のトレーニング方法やデモンストレーション、さらには税関のお仕事の内容や大切さ、薬物の危険さなど、たくさんお話いただき、誠にありがとうございました