FEATURE

教育システム

海外実学教育

動物・自然環境分野の先進国であり、野生動物のふるさとでもあるオーストラリア、アメリカ合衆国、ケニアなどを訪れ、
最先端の知識や技術を学びます。今の時代に必須とされる国際性を身につけ、将来は、世界を舞台にキャリアを積むことも可能です。

海外実学研修

動物・自然環境分野の先進国での取り組みを学び、体験する

本校の海外実学研修は1年次の後半に全員参加で行います。
動物・自然環境分野の先進国で国際感覚を身につけ、専門知識と技術を直接学ぶことができる海外実学研修は、
動物飼育施設や専門機関の見学、専門家のレクチャーなど、充実した内容となっています。

エコ先進国での研修で、世界レベルの知識と技術を実感

現地の動物園や動物施設を見学し、飼育員の方からレクチャーを受けます。日本と違って、どこも敷地が広く、自然の中で動物たちが生息するという展示方法や、エンターテインメントな雰囲気は、とても参考になります。また、ドッグトレーナー、バル・ボニー氏のスクールでは、楽しいトレーニング方法の基礎が学べます。海外顧問のクレイグ氏の補助犬デモンストレーションや、糖尿病発作を知らせる世界で初めての犬を見学。また世界的に有名なイルカショーをシーワールドで見学し、トレーナーより話が聞けます。エコ先進国のオーストラリアでそれぞれの分野が学べます。短い間ですが、良い刺激と思い出にたくさん出会える研修となります。

ホームステイだから海外の文化にも触れることができます

オーストラリア研修では、経験豊富なホストファミリー先でのホームステイを実施しています。一緒に食事をとったり、同じ時間を過ごすことで海外の文化も学ぶことができます。たくさんの人との出会いで新たな自分を発見できます。

充実のプログラム

※年度によって行先やプログラムが変更となる場合があります。

飼育系

対象専攻:動物園・動物飼育専攻、グリーンライフ・アドベンチャー専攻、動物園・水族館&テクノロジー専攻

  • 1日目
    シンガポールを経由して ブリスベン空港へ
  • 2日目
    ローンパインコアラサンクチュアリ
    オーストラリア固有種の多くを飼育・展示するローンパインコアラサンクチュアリではコアラやカンガルーのふれあいを楽しむこともできます。
  • 3日目
    オーストラリアZOOで学ぶ
    飼育員によるチーター・サイ・キリンなどの大型動物のプレゼンテーションや、クロコダイルの迫力あるショーも見学。
  • 4日目
    ブリスベンフォレストパーク
    広大な敷地を有する国立の自然保護公園。来園者へのガイドや解説を体験しながら、自然と動物の保護について学びます。
  • 5日目
    アブソリュートリーアニマルズのトレーナーによる講義を受講
    TVや映画に出演する動物達をトレーニングする動物プロダクションのアブソリュートリーアニマルズのアニマルトレーナーによるレクチャーを受講。
  • 6日目
    カランビンワイルドライフサンクチュアリーでの研修
    野生動物保護区の紹介やバックヤードを見学し、オーストラリアならではの保護の取り組みを学びました。
  • 7日目
    ゴールドコーストでの自由行動!
    乗馬体験やサーフィン、ショッピングなどゴールドコーストを満喫!

海洋系

対象専攻:水族館・アクアリスト専攻、ドルフィントレーナー専攻、水族館・マリンリゾート専攻

  • 1日目
    シンガポールを経由してブリスベン空港へ
  • 2日目
    ローンパインコアラサンクチュアリ
    たくさんのコアラやカンガルーとのふれあいだけでなく、カモノハシのバックヤード見学なども行います。
  • 3日目
    シーライフで研修
    エンターテインメント性の高い水族館は、どこを観ても驚きの連続です。アシカショーや施設見学だけでなく飼育員からのレクチャーも受けることができます。
  • 4日目
    ストラドブローク島で研修
    ブリスベン近郊にある世界で2番目に大きな砂の島。野生のイルカやマンタをはじめ様々な海洋生物について学びます。
  • 5日目
    モートン島のタンガルーマで研修
    ブリスベン東部のモートン湾に浮かぶ砂の島で、シュノーケリングや砂丘専用のボードで砂滑りなどアクティビティを実施します。
  • 6日目
    シーワールドで研修
    迫力のイルカショーを観た後は、ドルフィントレーナーによるレクチャーを受けることもできます。またサメやエイが泳ぐ大水槽でシュノーケリングも体験します。
  • 7日目
    ゴールドコーストでの自由行動!
    ショッピングはもちろん、早朝の朝日を見に行ったりサーフィンにチャレンジもできるなどゴールドコーストをまる一日楽しむことができます。

ペット系

対象専攻:動物看護師&ペットスペシャリスト専攻、動物看護師専攻、ペットトリマー専攻、ドッグトレーナー専攻、総合ペットショップ専攻

  • 1日目
    シンガポールを経由して ブリスベン空港へ
  • 2日目
    ザ・リンクスペットセンター訪問
    犬のハイドロセラピー施設でデモンストレーションや施設を見学します。
  • 2日目
    バルボニー・ドッグ・スクールで研修
    基礎・応用トレーニングの他に、子犬のトレーニングやアジリティ、ドッグダンスなどを実践しながら学びました。
  • 3日目
    カランビンワイルドライフホスピタル見学
    100種類以上の動物が自然環境に近い状態で飼育されるカランビンワイルドライフサンクチュアリ内の動物病院で動物の麻酔やリハビリの様子、さらにコアラの検査の様子などを見学します。
  • 4日目
    アブソリュートリーアニマルズのトレーナーによる講義を受講
    TVや映画に出演する動物達をトレーニングする動物プロダクションのアブソリュートリーアニマルズのアニマルトレーナーによるレクチャーを受講。
  • 5日目
    クレイグ・A・マレー先生による使役犬トレーニング研修
    本校海外教育顧問で国際的なドッグトレーナーでもあるクレイグ先生が、使役犬のトレーニングについて実践的に授業をしてくださいます。
  • 6日目
    RSPCA(オーストラリア動物虐待防止協会)訪問
    捨て犬・猫など保護が必要な動物たちの飼育やグルーミング、トレーニングなどを行っている組織。現地の動物保護の取り組みについて学びま
  • 7日目
    ゴールドコーストでの自由行動!
    SEA WORLDにてイルカショーの見学やショッピングなど、ゴールドコーストを満喫!

動物保護やトリミングの最先端を体験しカラダで感じる

ペット先進国であるアメリカのロサンゼルスで、犬・猫や小動物の保護施設やペット関連施設を巡り、日本とアメリカの違いを学ぶことで、グローバルな視点を身につけます。また、多くの施設見学やレクチャーでは、最先端施設でトップレベルの先生より直接指導を受け、今後に活かせる知識や技術を養います。テーマにあわせて全身派手にカラーリングするクリエイティブカットはまさしくアメリカらしいプログラムです。海外を知ることで、日本の良さもより知ることができます。ぜひ世界のレベルを肌で感じてください。

充実のプログラム

※年度によって行先やプログラムが変更となる場合があります。

対象専攻:ペットトリマー専攻、総合ペットショップ専攻

  • 1日目
    ロサンゼルス観光
    到着初日は、観光地で有名なサンタモニカでドキドキのお買い物を体験!その後はハリウッドに行きハリウッドスターの手形を見たり、ロサンゼルスの象徴であるハリウッドサインを背景に記念撮影
  • 2日目
    動物愛護施設SPCALA訪問
    動物愛護施設SPCALAでは、動物の保護や里親探しだけではなく、虐待防止パトロールや教育活動を行っています。
  • 3日目
    ペットスペースとプッシー&プーチ訪問
    従来のイメージを覆す、テーマパークのような保護施設ペットスペースと、ビバリーヒルズにあるオシャレなペットショップ、プッシー&プッチーを見学。
  • 4日目
    ヘルシースポット訪問
    ヘルシースポットはペットの健康をコンセプトにしたペットショップ。ペットを優先するからこその様々な工夫に驚き!
  • 5日目
    へモペット訪問
    イングリッシュ・グレイハウンドが輸血犬として活躍する施設で、輸血治療の現状を学び、グレイハウンドのシャンプーや散歩を体験しま
  • 6日目
    ハモサビーチ散策
    映画のロケ地としても有名なロサンゼルス近郊のビーチ。散策を楽しみながら海辺のドッグウォークなども見学します。
  • 7日目
    AKCドッグショー見学
    日本ではなかなか見ることのできない犬種や、アメリカならではのトリミング手法を見学します。
  • 8日目
    自由行動!
    テーマパークへ行く学生もいれば、大型アウトレットモールでショッピングを楽しむ学生も。

野生動物に感動!人間との共存も学ぶ

スケジュールはナイロビでの講義と保護区でのゲームドライブがメイン。講義では、ケニヤッタ大学の方からアフリカの部族や生活、野生動物と人間の調和・共存について学びます。「マサイの戦士」で有名な「マサイマラ国立保護区」では、日本で決して見ることのできない野生動物たちとの出会いや、マサイ族との交流があります。携帯電話が使えなくても、日本とは違った豊かさがあると感じることで、視野を広げ、大きく成長するチャンスです。

充実のプログラム

※年度によって行先やプログラムが変更となる場合があります。

対象専攻:動物園・動物飼育専攻、グリーンライフ・アドベンチャー専攻、動物園・水族館&テクノロジー専攻

  • 1日目
    関空からドバイ経由でケニアへ!
  • 2日目
    ジラフセンターでキリンとふれあい
    ひざから下が白いことが特徴的なロスチャイルドキリンが保護されており、エサやりやふれあいなど貴重な体験ができます。
  • 3日目
    ケニヤッタ大学
    ケニアで第二の規模を誇る総合大学。ケニアの成り立ちや文化風習、野生動物の保護について講義を受けます。
  • 4日目
    マサイマラ国立保護区でゲームドライブ!
    ケニア南西部に位置し、南のタンザニアの国立公園(セレンゲティ)に隣接している。野生動物の数の多さではケニア国内第1の地区で、面積は約1840?と大阪府とほぼ同じ大きさ。
  • 5日目
    マサイ村を訪問!
    マサイ村ではマサイ族との交流を通して、独特の文化・風習にふれることができます。
  • 6日目
    フェアウェルパーティー
    名物料理と現地の方のダンスが最終日の夜を盛り上げてくれます。

海外専門留学

海外の大学で英語を学び
あこがれの施設で現地スタッフとともに仕事を体験。

1年生の海外実学研修に続き、2年生ではステップアップしたい人のために、約10週間の専門留学が用意されています。
現地大学を拠点に実践的な英語を習得し、動物・環境関連の施設で研修を行います。

海外専門留学(英会話レッスン)

生きた英語を身につける

インターンシップを始める前に実践的な英語力を身につけます。
総合大学で英語力に合わせたクラス編成をし、教科書に頼らない生きた英語を学びます。さまざまな国の学生とともに学び、多くの文化に触れ、友だちもできます。
ほかにも、英語でのEメール交換など積極的なコミュニケーションを図る方法も学びます。

オーストラリアの生活文化を学ぶ

本校では、経験豊富な一般の家庭にホームステイをしながら通学するシステムを採用しています。
一緒に食事を作ったり、キャンプに行ったりすれば、言葉の壁も関係ありません。ホストファミリーとの生活はきっとあなたを一回り大きく成長させてくれるはずです。

1日のタイムスケジュール(例)

7:00
起床・朝食
8:00
学校へ出発
9:00
大学の授業はすべて英語。言葉はもちろん、その国の文化を知る貴重な時間!
13:00
昼食は大学の中庭で友達と
14:00
ディスカッション強化。オーストラリアの動物を調査して、みんなの前で発表!
15:30
授業終了後は友達と一緒にお茶やショッピングを楽しむことも
18:00
帰宅
18:30
ホストファミリーと食事
21:00
日記をつけて、少し勉強も。
23:00
就寝

体験者の声

海外での仕事に興味をもつきっかけになりました。
竹内さん

2年生の時、海外専門留学でオーストラリアへ。英語を勉強しながら、世界最大のコアラ保護区「ローンパイン保護区」で、インターンシップ生として働かせてもらいました。英語での会話は最初こそ大変でしたが、徐々にコミュニケーションがとれるようになり、おしゃべりを楽しめるようになりました。日本を飛び出すことで、自分自身を見つめ直すことができ、「海外で英語を使って、仕事がしたい!」と将来の目標が明確になりました。留学後に個人でボルネオ研修ツアーに参加した際に、ツアーを主催していた山遊舎(後の就職先)の方に自分自身のことや夢を伝えたのが縁で、今の仕事に就きました。現在はボルネオの自然や動物の魅力を伝えるネイチャーガイド(インタープリター)として、働いています。

海外実学研修で世界への夢を持ち、モルディブで叶えました。
平本さん

就職活動をしていた時、授業を担当してくださったウミガメ協議会の先生から、モルディブ勤務のネイチャーガイドのお話がありました。海外実学研修、海外の自然保護への取り組みに感動し、海外で働けたらという夢を持っていたので試験を受け、その夢を叶えることが出来ました。施設の見学、専門機関での授業や体験など、海外実学研修で世界レベルの知識、技術、国際性を身につけることができたことが、モルディブでの仕事に大変役立っています。モルディブでは、主に保護されたカメの飼育管理と、日本人観光客のネイチャーガイドをしています。将来の希望は、モルディブで実力をつけた後、他の国で自然保護の仕事を続けられたらいいなと思っています。

海外専門留学(インターンシップ)

インターンシップ中の様子

海洋テーマパーク「SEA WORLD」でのインターンシップ。松宮さんは計4回、ドルフィンショーでのステージに立ち活躍しました。

カランビン野生動物保護区でインターンシップ中の石井さん。

アシスタンス&サービスドッグ協会でインターンシップ中の高端さん。

インターンシップ受け入れ施設

シーワールド
世界最高レベルのイルカショーを行なっている水族館。ショーの他に、保護された海洋哺乳類のケアやリハビリのための飼育も行なっています。ここでは、飼育を中心とした研修で、イルカに関する知識をさらに深めます。
Naminbah Valley Horse Riding
トレイルライディング(森の中での乗馬)が体験できる乗馬クラブ。所有する36頭の馬の飼育飼養管理、調教の補助、来園者への乗馬のサポートなどを行ないます。
ローンパインコアラ保護区
世界初のコアラ園には、コアラのほかにカンガルーやワラビー、ウォンバットなど珍しい動物たちがいます。珍しい有袋類の飼育飼養管理の他に、保護動物のケア、調査、動物の生態解説法などを実習を通じて学びます。
RSPCA(オーストラリア動物虐待防止協会)
虐待を受けたり、捨て犬・猫など保護が必要な動物たちの飼育やグルーミング、トレーニングなどを行っている組織。給餌や掃除のほか、去勢手術や避妊手術に立ち会うこともあります。
アンダーウォーター・ワールド
ブリスベンで最大の水族館にアカエイや熱帯魚の他巨大なバラマンディなどが飼育されています。水槽の掃除や給餌をはじめ、さまざまな種類の海洋生物の飼育を実際に体験します。
オーストラリア動物園
コアラやウォンバット、クロコダイルなどオーストラリア特有の動物たちを飼育している動物園。ここでは、特にカンガルーやコアラの飼育管理を体験し、理解を深めます。
ASDA(アシスタンス&サービスドッグ協会)
オーストラリアで唯一、国からの認定を受けて、聴導犬や介助犬、認定を受けて、聴導犬や介助犬、災害救助犬といった特殊犬のトレーニングを行っている訓練所。車椅子や特殊器具を用いた介助犬のトレーニングを学びます。
ボニーズ・ドッグ・オビディエンスアンドケアセンター
オーストラリアの競技会で高い実績を残す犬の訓練団体。国際愛犬協会マスター・トレーナーでもあるバル・ボニー氏の指導で、犬の行動学、調教、アリティー、競技会用の訓練等を学びます。
クレイグ・A・マレイ ドッグトレーニング
特殊犬訓練士。クイーンズランド災害救助犬チームのチーフトレーナー。アシスタンス&サービスドッグ協会会長のクレイグ・A・マレイ氏のもとで特殊犬の訓練方法から飼育方法までを学びます。
ブリスベン・フォレストパーク
広大な敷地を有する自然保護公園。パーク内はもちろん、ブリスベン全域での動植物の保護に力を入れています。来園者へのガイドや解説を体験しながら、自然と動物の保護について学びます。
その他
アニマル・ウェルフェア・リーグ
フレイズ・ワイルドライフパーク
カランビン野生動物保護区
ケリーズ・ドッグ・グルーミング
アニマル・ハウス・グルーマー
ポウズ&ウィスカーズ
モンキー・マイヤ
カランビン乗馬牧場
オーストラリア・コアラファンデーション
ワグテイル
Biodiversity Assessment & Management
アルマ・パーク動物園

etc...