CAREER&LICENSES

就職・資格

「好き」を仕事に!プロフェッショナルのストーリー

ゾウのために大切なことそれは私自身が笑顔であるということ

動物園飼育員

群馬サファリパーク

山岡さん

ゾウのために大切なこと
それは私自身が笑顔であるということ

スマトラゾウとマレーバクを担当しています。なかでも2頭のスマトラゾウには特に思い入れがあります。故郷であるインドネシアのタマン・サファリで、幼少時代の彼らと出会い、そこから始まる長年の信頼関係があるからです。「人間が笑わなければゾウも笑わない」という現地のゾウ使いの言葉通り、彼らと接する際は自分も「笑顔」を心がけています。それが普段の生活での「笑顔」につながっている気がします。でも、「毎日が楽しい」のは胸を張って「仕事が楽しい」と思えるからではないでしょうか。

象を抱き抱える山岡さん

スマトラゾウに加えマレーバクも担当しています

▲スマトラゾウに加えマレーバクも担当しています

マレーバクの繁殖にも成功しました

▲マレーバクの繁殖にも成功しました

History

スマトラゾウに夢中!

15

愛犬が亡くなり動物への愛情に気付き飼育員を本格的に目指す

18

ECOに入学

動物について学ぶ

20

ECO卒業

群馬サファリパークに就職

28

インドネシアのタマン・サファリに出向き2頭スマトラゾウを迎え入れる

現在

飼育リーダーに就任
現在も活躍中