CAREER&LICENSES

就職・資格

「好き」を仕事に!プロフェッショナルのストーリー

パートナーは犬。彼らとの信頼関係が大切

検疫探知犬ハンドラー

有限会社 関空ペット

小川さん

小さなシグナルでも読みとることができたとき
それが大きなやりがいです

動物関連の仕事に興味がありECOに入学。そして卒業後、一旦はペット用品の輸入会社に就職しました。そこで興味を抱いたのが動物検疫についてでした。 なぜなら世界各国で行われているというこの検疫制度では、その摘発のために犬が大きく関わっていると知ったからです。それからは「犬をパートナーに仕事をしたい」という思いが日に日に強くなり、転職を決意しました。
現在はその夢が叶い、国際空港内で検疫探知犬と共に、海外からの手荷物や国際郵便などに、国内持ち込み禁止物品が含まれていないかを探知するという仕事をしています。もちろん探知率を上げるためにも、日々のトレーニングも欠かせません。
パートナーである探知犬と共同で行う仕事は、信頼関係の大きさがより成果につながります。そのため探知業務中はもちろんですが、トレーニングの際にも、ちょっとしたシグナルでも読み取ることが出来たときは、とても嬉しいです。 そして実際に輸入禁止物の発見につながった時は、一番のやりがいを感じます。
これからはパートナーとの信頼関係をさらに深め探知の精度をもっと上げること、そしていずれ現在勤務する空港で一番の探知率を記録する、それが今の大きな目標です。

パートナー犬「ソル」とコミニュケーションをとる小川さん

▲「パートナーである『ソル』との信頼関係をさらに深めたいです」と語る小川さん

History

一番の探知率を目指したい

10

小さい頃から動物が大好きで
動物園の飼育員やドッグトレーナーに興味を持つ

17

ECOオープンキャンパスに参加

講師の先生方、学園生活やクラブ活動の充実に魅力を感じ
入学を決意

18

ECOに入学

20

ECO卒業

総合ペットショップに就職
販売員として勤務

23

ペットフード卸会社に転職
動物検疫に興味を持つようになる

26

「犬と共に働きたい」との思いが強くなり、転職を決意

(有)関空ペットに転職

現在

探知犬ハンドラーとして活躍中