文部科学大臣認定「 職業実践専門課程 」学校情報公開
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Youtube
  • Instagram
  • 文部科学大臣認定「 職業実践専門課程 」学校情報公開
  • オープンキャンパス
  • 資料請求

企業プロジェクト

企業や施設を舞台に、プロとしての実践力を磨く。

業界の企業、施設から課題や要請をいただき、プロと共にその行程や現場を体験するのが「企業プロジェクト」。 ショーの企画やイベント運営、商品企画、環境調査など、その課題はさまざま。 コミュニケーション力やプレゼンテーション力など、社会人として必要な実践力を身につけます。

※姉妹校の実績を含みます。

企業プロジェクトの流れ

STEP1
オリエンテーション

企業の要望を的確に捉えることが大切です。

STEP2
コンセプトワーク

目的・目標を明確にして取り組む方向性を決定します。

STEP3
プレゼンテーション・
イベント運営・参加など

当日のイベント運営や動物の魅力を伝えるための教育活動に参加します。

企業プロジェクト紹介

動物園自主運営

動物園自主運営
動物園自主運営

福岡市内から車で40分の八木山高原にあるふれあい動物園「ピクニカ共和国」から、「春のオープンを、学生達が主催するイベントで集客を図りたい」と依頼をいただきました。春のオープン2日間、園の全ての業務を学生が行うため、イベント企画・展示動物・展示方法・チラシ制作・グッズ制作など、約半年間に渡り準備。当日はたくさんの家族連れでにぎわいました。

イベント/スタッフ参加

ニッポンバラタナゴ域外保全活動

日本産希少淡水魚であるニッポンバラタナゴの域外保全活動にあたり、定期的な調査を行うプロジェクトです。国営海の中道海浜公園内にあるいのちの池が調査対象地。第一回調査では、水質および外来種がいないかなどの生態調査を行い、ニッポンバラタナゴの放流が可能と判断しました。夏頃に放流を行い、その後の経過を調査します。今後は、公園来園者へ自然保護に関する興味関心の啓発活動を行うことも計画しています。

参加者の声

生駒さんドルフィントレーナー専攻

ニッポンバラタナゴの生態についてはもちろん、環境についても学ぶことができました。また1年を通して調査を続けることで、座学で学んだことをより深く理解することができました。水中生物や海の魅力を多くの人に伝えていきたいです。

社会貢献

アマモ生息地調査
アマモ生息地調査

国営海の中道海浜公園の海辺では海草の一種で魚類の産卵や生息場所となり、水質浄化も行うといわれるアマモの生息地調査を行いました。

イベント企画運営

わん!ダフルフェスタ
わん!ダフルフェスタ

様々なペット関連企業や動物保護団体と福岡ECO、そして福岡市が連携した「どうぶつ愛護フェスティバル実行委員会」が行う愛犬と飼い主さんのためのイベント。今年で17回目の実施となり、福岡市の中心地にある舞鶴公園にて開催。学生たちは美容や健康に着目したブースの他、飼い主さんへのマナーアップを図るブースなどを出展。愛犬との絆をもう一度考える機会として素晴らしいイベントとなっています。

イベント企画運営

うみたまごテーマ水槽展
うみたまごテーマ水槽店

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」にて、特別展示を開催しました。授業で学んだことを活かしながら、学生自身が考案したテーマにあわせて「うみたまご」の常設の水槽をレイアウト。一つのコーナーを創り上げました。実際の水族館に出展することで、プロの現場を体験し、実践的な学びを得ることができました。

イベント企画運営

ゆずフェスティバル
ゆずフェスティバル

福岡県の篠栗町にある福岡県立社会教育総合センター主催の「ゆずフェスティバル」。様々な体験コーナーが設けられ、夜祭りや無料映画鑑賞会も行われるなど、多くのお客様でにぎわうイベントで「動物ふれあい」を担当。動物とふれあいだけでなく学生運営の動物ゲームや工作のコーナーも実施します。

イベント企画運営

水族館常設水槽レイアウト
水族館常設水槽レイアウト

全館リニューアルオープンに向けてレストランにある3本の円柱水槽の水槽レイアウトの課題をいだだきました。 半年前から始動した今回のプロジェクト。コンセプトも学生自身で考え、周りの雰囲気を大切に、様々な層のお客様が楽しめるようにと試行錯誤をしながらのレイアウトでした。現在も、定期的にメンテナンスを行いながらより多くのお客様に足を止めていただけるよう改善を重ねていく予定です。

社会貢献

CAPP活動(アニマルセラピー)
CAPP活動(アニマルセラピー)

福岡動物医療センターからの依頼で、学校犬を連れて地域の老人ホームを訪問するCAPP活動に協力しています。「犬との交流を通して、元気になってほしい」、「犬たちの温かさにふれ、命を感じて生きる意欲をもっと高めて欲しい」という思いを胸に活動に取り組む学生たち。お年寄りの方々の笑顔が、大きなやりがいとなっています。

イベント企画運営

九州レプタイルフェスタ
九州レプタイルフェスタ

福岡市で開催される九州最大の爬虫類の祭典「九州レプタイルフェスタ」に学生がスタッフとして参加しました。全国のショップ、ブリーダー、飼育用品メーカーが一堂に会し、世界中の珍しい両性・爬虫類が大集合するイベントで学生たちは、現在のペット業界やレプタイル事情について学び、お客様に伝える役目も務めました。

社会貢献

いのちの授業
いのちの授業

小学校1年生の「いのちの授業」の一環として、志免町立志免中央小学校より小動物のふれあい授業を依頼されました。ウサギやモルモット、ヤギや爬虫類などのさまざまな小動物とのふれあいを通して、普段動物とふれあう機会が少なくなってきた現代の子どもたちに命の大切さや生き物のぬくもりを体感していただくことができました。

社会貢献

わんにゃんよかイベント

行政、愛護団体、獣医師会、企業と学生たちとで企画・運営する動物愛護イベント。動物愛護管理センターの施設見学や、譲渡会、犬のしつけ相談などの他、学生たちによる犬の体脂肪測定ブースやお手入れブース、紙芝居などを通して、多くの方々に殺処分の現状を知っていただき、命の大切さや動物と人とが共生していく重要性を伝えています。

参加者の声

江藤さん動物看護師専攻

様々な団体や、市の職員の方々とイベントを創り上げていく中で、考え方の相違などにより、上手く進まないこともありました。しかし、来場者様に「人と動物が共存できる社会の実現」に対する思いをいかに伝えられるか、と試行錯誤したことは、とても貴重な経験になりました。この経験を活かしながら、自分にできることを一つずつ増やしていきたいです。

イベント/スタッフ参加

ソニーストア水槽展示

来客者増員への取り組みの一環としてソニーストア福岡天神店にて水槽展示を行いました。お客様の目に触れる場所での設営を通し、水槽の魅せ方を学ぶ良い機会となったと同時に、企業様からの要望をくみとり制作・納品をする一連の作業を実際に手がけ、就職後に繋がる職業観を学びました。展示期間中は週2回のメンテナンスに努め、水槽の維持管理に取り組みました。ガラス張りの店舗構造の為、設営した水槽は通行される方の視線を獲得し、水槽がきっかけで来店されるお客様も多数いらっしゃったと、水槽設営効果の評価を頂きました。

海洋調査

釧路シャチ類調査

北海道釧路沖の海洋生物調査を毎年行っています。調査は、魚群探知機などで魚群を探したり、海鳥の様子などからも、鯨類を探索し発見した際には、そのポイントを記録、また個体識別用の写真などを撮影します。その甲斐あって、現地では多くのシャチを個体識別できるようになりました。

参加者の声

岡村さんドルフィントレーナー専攻

気候によってちゃんと出航できるか、実際にシャチを発見することができるかなど、不安な面が大きかったです。しかし、実際に多くのシャチを観測することができ、また、授業で学んだことを活かすことができたので、とてもいい経験となりました。